国語

他教科

『音読』より

『音読』(加藤 俊徳 監修,出口 汪 監修) ・音読のメリット 視覚系脳だけでなく聴覚系脳も使う 「あの」「その」がなくなり言葉が出やすくなるー認知症予防 朝から前向きになれるーうつ病の予防・改善 顔や舌の筋肉が鍛えられるー誤嚥肺...
他教科

『塾へ行かなくても成績が超アップ! 自宅学習の強化書』より

『塾へ行かなくても成績が超アップ! 自宅学習の強化書』(葉一 著) 筆者はYouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」を運営 ・やってはいけない勉強法 オリジナル英単語帳づくり 覚えるために10回書く 学校のノートを...
仕事術

『最強脳 ―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業』より

『最強脳 ―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業』(アンデシュ・ハンセン 著) ・運動の後にもらえるドーパミンの方が、スマホからもらえるよりずっと量が多い・運動で幸せな気分になるには、週に3回、最低30分、その間ずっと心臓がドキドキ...
他教科

『自学自習の極意』より

『自学自習の極意』(齋藤 孝 著) ・スキマ時間を有効に使える環境が大事・呼吸法で学びの構えをつくる・何事においても「構え」が必要・小テストは効果的な勉強法・偉人が実践した、書き写すだけの「書き写し勉強法」 ・スキ...
国語

『10歳からの 考える力が育つ20の物語 童話探偵ブルースの「ちょっとちがう」読み解き方』より

『10歳からの 考える力が育つ20の物語 童話探偵ブルースの「ちょっとちがう」読み解き方』(石原健次 著,矢部太郎 イラスト) 童話や有名な物語を、フツウとはちょっと異なる視点から読んでみるという一書。 多面的・多角的なものの...
国語

『明日からきっと自信がつくコツ きれいな字のひみつ』より

『明日からきっと自信がつくコツ きれいな字のひみつ (小学生のコツ(4))』(青山浩之 著) ・すき間を均等にするときれいな字になる・脳内文字が紙に書かれる・きれいな字を意識する・文字トレ 直したいところは自分で見つける・直したい...
他教科

『「勝ち組」が育つ家庭はしつけが違う』より

『「勝ち組」が育つ家庭はしつけが違う』(石田勝紀 著) ・「挨拶、時間を守る、整理整頓」が成績上昇に直結・「心をしつける」という第3のしつけこそが最重要項目・しつけの法則その1― 心をしつける ● マイナスの言葉を使わないこと ●...
国語

『読めば心が熱くなる! 中国古典100話: 人の上に立つ 人を育てる 人をまとめる』より

『読めば心が熱くなる! 中国古典100話: 人の上に立つ 人を育てる 人をまとめる』(山口謠司 著) ・羊を亡いて牢を補うも、未だ遅しと為さず。・物事には、知ってはいけないことがあり、知っていなければならないものがあります。忘れて...
国語

『いい人間関係は「敬語のくずし方」で決まる』より

『いい人間関係は「敬語のくずし方」で決まる』(藤田尚弓 著) ・丁寧な敬語をくずさないでいると、カジュアルな話題が盛り上がりにくくなる・敬語には、相手を敬っていることを表現する機能だけでなく、距離を保ち、立ち入らせなくする機能もあ...
他教科

『AIに負けない子どもを育てる』より

『AIに負けない子どもを育てる』(新井紀子 著) ・字が読め、十分な語彙量があっても、不自由なく文章を読むにはまだ不十分・RST(リーディング・スキル・テスト)で測定するスキル ①係り受け解析…分の基本構造(主語・述語・目的語な...
タイトルとURLをコピーしました